RealPath:
WebPath:
2016/11/23 19:13 (JST) 更新
各種操作 >>

アカウント(EOA)管理

Contents

EOA … Externally Owned Account

アカウント作成

> personal.newAccount("hogehoge") … ※hogeohge の部分には任意パスフレーズを書く
"0x5e13a8af9147151dcfeb2e05040de84f908396fd" … 作成されたアカウントの識別子

> personal.newAccount("hogehoge") … 同じパスフレーズでこのコマンドを実行してもまた別のAccountが生成される
"0x57f3e64afbeecd57b122668a33b22f027d3dc540"

> personal.newAccount()
Passphrase: ← パスフレーズ入力
Repeat passphrase: ← パスフレーズ入力
"0xc358d1718479d55084790d6423394fe75c0db768"

または

$ geth --datadir <datadir> account new
Your new account is locked with a password. Please give a password. Do not forget this password.
Passphrase: ← パスフレーズ入力
Repeat passphrase: ← パスフレーズ入力
Address: {f65de6d8c9f9bea6b88df47ec07b1c8ed2203098} ← 作成されたアカウントの識別子

アカウント一覧

> eth.accounts
["0x5e13a8af9147151dcfeb2e05040de84f908396fd", "0x57f3e64afbeecd57b122668a33b22f027d3dc540"] … 配列として表示される

> eth.accounts[0]
"0x5e13a8af9147151dcfeb2e05040de84f908396fd"

> eth.accounts[1]
"0x57f3e64afbeecd57b122668a33b22f027d3dc540"

アカウントのロック解除

※アカウントは基本的にロックされている。アカウントに関連する変更操作を行いたい場合はまずロック解除を行う。

> personal.unlockAccount("0x5e13a8af9147151dcfeb2e05040de84f908396fd")
Unlock account 0x57f3e64afbeecd57b122668a33b22f027d3dc540
Passphrase: ← パスフレーズを入力
true
  • ロック解除にはパスフレーズの入力が必要なため、アカウントの所有者しかロック解除を行うことはできない。(つまりアカウント識別子とパスフレーズのペアがバレたら勝手にロック解除され得る)
  • ロック解除したアカウントは10分経過すると自動的にロック状態に戻る。

アカウントのロック

ロック解除されたアカウントは時間経過により自動的にロック状態に戻るが、以下コマンドで明示的にロックを行うこともできる。(操作が終わったら明示的にロックするのがたぶん好ましい)

> personal.lockAccount("0x5e13a8af9147151dcfeb2e05040de84f908396fd")
Unlock account 0x57f3e64afbeecd57b122668a33b22f027d3dc540
Passphrase: ← パスフレーズを入力
true